読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ好きの旅力を高める1人旅&食べ歩きの備忘録

~調べ、体験し、いかに費用対効果の高い旅を楽しめるか。。。「旅力」を高める旅を目指して~

タイの銀行口座を開設しました。

★タイのバンコク銀行で口座開設★

皆様は海外旅行中に現金や財布の盗難にあった事はございますか?
休暇を利用して思いっきり楽しんでいる旅行中に現金や財布が盗難に会うと折角の楽しい旅行も台無しです。

出来るだけリスクを回避するためにトラベラーズチェックや海外キャッシング等を使うと利息&手数料が付いたりと何かと不便ですよね。

そんな時に現地の銀行に口座があれば大金を持たず、最小限の現金さえあれば足らずはキャッシュカードで引き出せたら安全で便利です。
今回は海外で口座開設をしてみようとタイで試してきました。

はじめに

今回はタイで試したのですが、本来タイでは居住証明やワークパーミットがなければ開設が出来ないのが基本です。

その中で今回は日本人が一番作りやすいとされているバンコク銀行本店に焦点を当てて試してみましたが、他支店や他行では断られたり掛け捨ての保険の加入を条件に開設してくれるなどまちまちです。

そして何よりも担当者の裁量で大きく左右される事を前提に考えて於いて下さい。

またここ数年に於きましてはタイでは年々銀行口座開設が厳しくなって来ている現状です。

用意するもの

パスポート(原本と写真面のコピー)
国際免許証(お住まいの免許試験場で即日交付)
日本の免許証(原本と裏表のコピー)
運転免許証抜粋証明(タイの日本大使館で発行してもらえる)
タイの住所がわかるもの(ホテルカード、滞在証明書等)
 ホテルでバンクアカウントを作る事を告げ作ってもらう。
手数料300バーツ(キャッシュカード発行手数料や口座維持費)
最低預金額500バーツ

※コピーは念の為2部づつしておきましょう。

銀行に行く前にする事

Goods_Album_536572_301_sum640_1333729856_convert_20161011043851.jpg  
まずはタイ日本大使館に運転免許抜粋証明を取りに行きます。
場所はルンピニー公園の東側でウィッタユ通沿いにありMRTルンピニー駅から歩ける距離です。
申請に必要な書類は下記に示した通りです。

●証明発給申請書
●運転免許証(原本及びコピー)
●パスポート(原本及びコピー)
●手数料(620バーツ)

申請書類を窓口に提出すると約1時間後に来てくれと言われるが実際は30分程度。

※もしコピーに不備がある場合は大使館を出て右に行った所でコピーをする(5バーツ)


Bangkok-Bank-head-office_convert_20161011044340.jpg  
BTSサラデーン駅からチョンノシー駅方面に歩いていると左側にバンコク銀行の大きな建物が見えてきます。

向かって左よりのドアから入ると奥にデスクエリアが見えてきます。
手前の発券機で日本語デスクの番号札を発見します。
(解らなければ近くの係員にジャパンデスクと言うと教えてくれます。)
日本語デスクは奥の左側です。

順番が来たら必要書類をすべて渡します。
担当の方が不備を確認した後OKなら必要書類を記入してくれます。
聞かれた事に答えていくわけですがワークパーミットが無い方はネットバンキングが出来ないのでそこは割愛。

・SMS通知が要るか否か聞かれます→ 私は要らないと答えました。
・電話番号を聞かれます→ ホテルの番号と携帯の番号
・住所を聞かれます→ ホテルの住所
デビットカードの種類を聞かれます→ 何も付いていないノーマルカード。
デビットカードの一日の上限額を聞かれます→ 私は50,000バーツに。
・本日の入金額を聞かれます→ 最低5,000バーツからなのでお好みで。
 但し20,000バーツの残高がないと手数料が引かれるのでご注意
・最後サインして終了です。

※下記ページ内の個人口座開設用紙記入サンプルを参考にして下さい。

さいごに

IMG_0979_convert_20161011044415.jpg 
タイの銀行の金利の利回りは非常に良いので訪タイされた時にレートが良い時は多めに両替されて入金しておけば金額にもよりますが食事一回分位は軽く捻出出来ると思います。

また、バンコク銀行の場合は開設した行政区以外で入出金した場合手数料が掛かりますので本店で開設された場合はバンコクと一部周辺でATMをご利用になる事をお勧めします。

応援ポチッとお願いします(b^-゜)